この有名な家族はライオンをペットとして飼って一緒に暮らしていました。この話にあなたはショックを受けるでしょう。
1970年代の初め頃のことです。ライオンのニールが彼の調教師のロン・オックスレーにキッチンで歯向い始めた時、女優のティッピー・ヘドレンは家に招いた客たちと楽しい時間を過ごしているところでした。 ヘドレンは獰猛な動物がオックスレーにうなり、凶暴に襲いかかろうとすることで強者を示そうとするところをただ見守る事しかできませんでした。 オックスレーは自分を大きく見せる事でライオンを怖がらせ、服従させることに成功しました。 ヘドレンは男と野獣が怪我一つなく部屋を出て行く姿をまぎれもない安堵で見送りました。 ヘドレンには初めての体験でしたが、ジャングルの王を家に招き入れることで何が起こりうるかを少し味わったのです。 次をクリックしてこの驚くべき物語を読んでみましょう!
あなたの欲しいものは?
この有名な家族はライオンをペットとして飼って一緒に暮らしていました。この話にあなたはショックを受けるでしょう。
Facebookで共有
あなたの欲しいものは?
ライオンを家に招き入れ、家族と同様に暮らすというのはとても狂った決断です。
この家族がその狂った決断に至るまで何があったのでしょう?それは1969年にヘドレンが撮影でアフリカに行ったときから始まりました。

ロケ中、女優のヘドレンと伴侶でプロデューサーのノエル・マーシャルはさびれた空き家を発見しました。・・・ほぼ空き家というべきでしょうか。

そこには30頭以上ものライオンが住んでいたのです。
あなたの欲しいものは?
Facebookで共有
おすすめ