90歳の女性、世界旅行をするためにがん治療を拒否
ノーマさんは人生に情熱を注ぐ90歳の女性。彼女は人生やその他の色々なことを受け入れる努力をし、それが彼女に様々な機会を与えてきました。この事実はノーマさんが致死性のがんだと診断された時に、さらに明らかとなりました。 彼女の診断は、悲劇的な事件のすぐ後に続きました。ノーマさんは、67年間連れ添ってきた愛する夫を亡くしたのです。これはノーマさんにとって痛烈な一撃でした。そして、その翌日、彼女の子宮に悪性ガン腫瘍が見つかったのです。ノーマさんの医師は、一連の治療を勧め、最悪の事態に備えるように彼女に告げました。 ノーマさんは彼女に与えられたこの運命を受け入れたでしょうか?彼女は放射線と化学療法の集中治療を受けることを決心したでしょうか?いいえ。残された時間をいかに過ごすかというノーマさんのプランは、これとは異なるものでした。 ノーマさんは病院を去り、老人ホームの所持品を鞄に詰め、医師や老人ホームの友人に別れを告げました。ノーマさんのプランとは何だったのでしょう?もちろん、世界を旅することです!彼女は、家族と一緒にキャンピングカーに乗り、高速道路を走りだしました! ノーマさんと家族は、この半年間、旅を続けています。美しい国立公園から手付かずの野生の自然がある場所まで、北から南、西から東と、ノーマさんの「死ぬまでに一度はやりたいバケツリスト」に従ってすべてのスポットを訪問しています。 畏敬の念とインスピレーションを与える彼女のストーリーをもっと読んでみたいですか? 「次へ」をクリックして、感動とインスピレーションを与えるノーマさんの冒険の詳細と、写真付き日誌をご覧ください! あなたのご感想を下のコメント欄に書いてお送りください!

あなたの欲しいものは?
90歳の女性、世界旅行をするためにがん治療を拒否
Facebookで共有
あなたの欲しいものは?
2015年は、ミシガン州に住む90歳のノーマさんにとって、良い年ではありませんでした…

彼女は、67年間連れ添ってきた愛する夫レオさんを亡くしたのです。そしてその翌日、医師から子宮に悪性がん腫瘍があることを告げられました。
あなたの欲しいものは?
Facebookで共有
おすすめ